名刺の歴史、由来、適したサイズとは?

名刺の由来

名刺は中国が発祥という説が有力で、紙がまだない時代に竹や木を削った札に名前を書いたものが、名刺の始まりと言われています。

訪問先で相手が不在だった時、その札を門前の箱に刺していたことから、札のことを「刺し」と呼び、それがいつしか名前が書かれた刺し、名刺となり、日本へ伝えられたそうです。

名刺のサイズ

一般的に使用されている名刺寸法は、ほとんどがサイズ規格「4号」となっています。この名刺4号は、東京4号と呼ばれている代表的なサイズで、寸法は91mm×55mmとなります。

なお、関西ではこのサイズが、大阪9号と呼ばれるので注意しましょう。関東と関西で呼び方が異なるだけで、実際のサイズは同じ(91mm×55mm)です。

名刺交換のマナー

名刺を差し出す

目下のほうから先に「○○社の△△と申します」と社名と名前を名乗り、軽くお辞儀をしてから名刺交換を始めましょう。

名刺は胸の高さで持ち、両手で手渡すようにします。名刺の向きは、文字が相手から見て読みやすい向きとしてください。

また、名前はフルネームを言うのが丁寧とされます。読みにくい名前であればゆっくりと名乗りましょう。

自然な笑顔で、相手の目を見ながら、名刺を差し出します。名刺交換のときは、つい手元のほうにのみ目線を落としてしまいがちなので、相手の目を見ながら差し出すようにしようという意識が必要です。

名刺を受け取る

名刺を受け取るときも、黙って受け取ってはいけません。「頂戴いたします」と言いながら、必ず両手で受け取ってください。相手の会社のロゴや氏名などに自分の指がかからないように注意も必要です。受け取った後は、胸の高さより下におろさないようにしてください。

相手の前で名刺を見るときも、自分の胸より高い位置で見るようにしましょう。そして、「○○様ですね」と相手の名前を名刺を見ながら復唱し、確認しましょう。読み方が分からなければ、このタイミングで聞いておく分には失礼にはあたりません。

受け取った名刺をすぐに名刺入れにしまったり、テーブルに置いたりすると、あまり印象が良くありません。受け取ったら、まずはその場で軽く名刺を見るようにしましょう。また、名刺交換後の話の最中に、相手の名刺を不必要に触ってはいけません。これも失礼な行為になります。

名刺の役割

ビジネスの現場において今でも現役で活躍している存在が名刺です。名刺を持っていないビジネスマンはいないでしょう。多くのビジネスマンが日常的に名刺を活用しているのです。名刺を使うことによってさまざまなメリットがあるからです。ビジネスの現場においていろいろな役割を果たしているものです。

名刺というのはそこに本人の名前や連絡先、所属などが記載されているものです。基本的に他人に渡すために使われているものです。連絡先としては会社の所在地や電話番号だけではなくて、最近はメールアドレスやサイトのURLなどが記載されていることも多いです。さらにはSNSのアドレスまで記載されていることも増えています。デザインも昔のような画一的なものだけではなくて、さまざまな工夫が施されたものが増えており、ビジネスにおいて名刺の役割というのはますます重要となっています。

名刺が重宝される理由としては、耐久性や保存性のある厚い紙を用いられており、長持ちして携帯するのに便利だという点があります。たとえば名刺にメモを残しておくという方も多いでしょう。最近は名刺を簡単に取り込めるようなアプリも存在しています。名刺を管理することも簡単にできるようになりました。

そんな名刺がビジネスにおいて果たす役割について解説しましょう。名刺がどのような点から役に立つのかを紹介しましょう。名刺にはさまざまな役割があるからこそ、ビジネスの現場において重宝されているのです

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here